« 岩岳ロゲイニング2014 | トップページ | オリエンテーリングディレクター講習会 »

2014.05.28

田舎の生活その29

20140528_house

1年でどの月が一番好きかと聞かれたら5月と即答します。そんな5月ももうすぐ終わりかぁ。また来年!

この季節、川根本町は新緑がまぶしいです。そんななか、初めて寸又峡の夢の吊り橋まで行きました。いつも近くまで行くのになんだかんだで寄らずに帰ってくることが多かったのですがついに渡ったわけです。ちなみに夢の吊り橋は「死ぬまでに一度は渡りたい 世界の徒歩吊り橋10」に選ばれたということで観光客も多いです。

20140528_yume

そこで気づいたのは吊り橋わたることが当たり前になってきていること。遠くから来ている観光客の皆さんは結構ビビリながら吊り橋を渡ります。僕も高いところは得意ではなく、確かに昔は吊り橋も恐る恐る渡っていた記憶がありますが、今となっては普通の道路の感覚です。何せ一番近くのコンビニ(家から7km)に走って行くにも吊り橋渡らなきゃいけないし。慣れとは恐ろしい。

我が家のアイドル、タミはすくすくと大きくなっています。しかし臆病猫にもなっています。近所の猫が遊びに来てくれます。最初は喜んで窓際まで近づいていくのですが、仲良くなろうと寄ってくると腰が引けます。

20140528_tami3

20140528_tami1 20140528_tami2

先日も近所の子供たちが「タミちゃーん」と大勢で遊びに来てくれたのにビビリまくりを通り越して大興奮、「シャーー!!」っと牙と爪を立て、威嚇し始め、「グーグー」と怯えて飼い主の腕にしがみつく始末。

そんなタミに癒される毎日が続くわけです。

20140528_tami4 20140528_tami5

|

« 岩岳ロゲイニング2014 | トップページ | オリエンテーリングディレクター講習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩岳ロゲイニング2014 | トップページ | オリエンテーリングディレクター講習会 »