« 埼玉選手権と全日本選手権in群馬 | トップページ | 田舎の生活その3 »

2012.03.27

奥武蔵と富士山麓のロゲイニング

先の日曜日、3月25日はTEAM阿闍梨として飯能で奥武蔵レクロゲイニングのお手伝い。僕自身は事前にはコース下見をちょっと、当日は講習会のサポートやパトロール、成績集計をちょろちょろと手伝っただけなのであまりたいしたことは書けない。

僕がTEAM阿闍梨の名前を初めて目にしたのはこの奥武蔵ロゲだった。そして前回大会は先輩に誘われてチームに入ったばかりで、まだ参加者だった(しかもパートナーが病欠のため1人で出走、参考記録扱い、さらに成績もイマイチ、という寂しい展開。。。)。 記憶ではファッションこそ華やかだったけど体育館を会場にしていたこともあり、今までのオリエンテーリング大会とさほど変わらない雰囲気の大会だった。けど今回は市役所内の駐車場にステージを組み、出店があり、プロのアナウンサーがいて、アーティストの演奏もあり、なんだかイマドキのランニング大会か自転車レースのような雰囲気の大会となった。これは飯能市が全面協力してくださったからできたことだという。

20120325_map

20120325_start

この変貌ぶりが僕の中でもっとも印象的なところであった。昨今のアウトドアスポーツブームと地域振興がうまくマッチしており、今後の展開のよい例になったと思う。その分、競技性や安全性、環境保護との兼ね合いなど難しい調整も多くなるのは確か。けれどそれを嫌がっていては新しい世界は開けない、何事もチャレンジしなくてはいけない、そう思わされた大会だった。


そしてこの大会には職場の同僚たちが3チーム9人も参加してくれた。お子さんを連れてきてくれた方もいる。大会前の金曜の晩には業務終了後にロゲイニング講座を希望され、予習をする力の入れよう。さらに男子で構成したチームは初めてながら3時間の部で準優勝!ゴール後はみなさんよい顔をしてビールを飲んでおり、それがとてもよかった。月曜はオフィスに行けなかったのだけど、2日後の今日でもこの話題で盛り上がり、本当に楽しんでいただけたのだと感じ、これまた嬉しかった。僕の活動をいつも応援してくれるだけでなく、実際にやってみたいという、言葉だけではなくて相手の視点に立って人を理解しようとする、本当によい同僚に恵まれた。ありがとうございます。そしてまたぜひチャレンジしてください!


で、月曜日は何をしていたかというと6月2日に予定されている富士山麓ロゲイニング2012の準備。この大会は秋に朝霧ロゲイニング大会を主催する朝霧野外活動センターを会場に、日本では最長級の12時間の部と6時間の部がある本格的ロゲイニング大会。昨秋の朝霧ロゲに引き続きコース設定に携わらせていただいてます。で、その下見を兼ねた最初の現地準備へ。

朝霧ロゲも広いエリアを使ったつもりでしたが、そのエリアがだいぶかわいらしく見える広大なエリアを利用します。MTBを使いつつ5時間弱動き回りましたが、1/3くらいの範囲の外周を見て回るのがやっと。大会本番はトップチームでも「捨てるエリア」が出てくるロゲイニング本来の高い戦略性が問われるコースとなることでしょう。こりゃ、コース設定も大変だ!エントリー数限定、お早めに。
20120326_fuji

|

« 埼玉選手権と全日本選手権in群馬 | トップページ | 田舎の生活その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埼玉選手権と全日本選手権in群馬 | トップページ | 田舎の生活その3 »