« 朝霧ロゲイニング2011 Review | トップページ | 田舎の生活その1 »

2011.12.30

この2年を振り返る ~2010-11シーズントレーニングレポート~

特にブログの話題にするほどのこともない年の瀬。しかし何かしら振り返っておこうとうことで過去2年間のフィジカルトレーニング記録をまとめてみた。

Training201011

右軸が距離、左軸が時間、折れ線が距離で棒が時間。棒グラフの色は強度(3段階)。距離は走った距離のみでバイクなどのトレーニングは時間にのみ加算。

一昨年より去年、去年より今年、と確実に量は増やして来れた。当然ながら高負荷トレーニングの割合は減ってはいる。高負荷トレは絶対的な時間も減っている。そのためか体のキレは余り感じられない。しかしタイム的には過去最高に近い状態にあるので、成果はあるのだろう。加齢の影響も考えれば、今のトレーニング方針は間違ってはいないと信じている。

鍛錬期の基本的な組み立ては3週間走って、1週間休みの4週間サイクルを3セット。1セット目より2セット目、2セット目より3セット目が多くなるようにプランする。過去の自分を超える戦いが楽しめる。こちらの記事が元ネタ。なかなか理想通りにはいかないが、昨年の冬や今年の終盤はうまくプランどおりに進められた。自分が立てた計画を、多少わがままを言いながら、押し通すことは強さの指標の1つだと思っている。そういう意味では、多少は強くなってきたかもしれない。僕にわがまま言われた皆さんには感謝。

さて、夏場のトレーニングが大きな課題。一昨年は猛暑のため、意図的にレスト期間を設定したとはいえ、まったく動く気が起こらなかった。今年は世界選手権前に遠征をしたこともあり、大会前の量・質はよかったが、終わった後の燃え尽き症候群によりしばらく低下した。長いスパンで考えれば、完全レスト期間は今の年齢に達した僕の体には絶対に必要だが、より強くなるためにはそれでいいのだろうか?という不安は常にある。何が正解かはわからない。これでいいのだ、という図太さが求められている気がする。

この秋は筋トレをして体をつくり、12月からの走り込みでは順調な滑り出し、に思えたが、走り込み1ヶ月目にしてすでに足に痛みを感じている。筋力が増えたおかげでバランスが崩れているのかもしれない。だから人の体は難しい。昨年超えられなかった800km/月は今シーズンはどうだろうか。頑張る。

ちなみに上の話はすべてフィジカルトレーニングについてのこと。しかしオリエンテーリングはフィジカルだけでは勝てません。いや、それはどのスポーツでも同じか。技術トレーニング、メンタルトレーニング、も必要でそれぞれプランしていかなくちゃいけない。より強くなりたい方はぜひナショナルチームのトレーニングプログラムへ参加してください。参加費だけ見ると一見高そうに見えるけど、得られるものは金額以上のものがあると、一参加者としては考えます。

それではよいお年を!

|

« 朝霧ロゲイニング2011 Review | トップページ | 田舎の生活その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝霧ロゲイニング2011 Review | トップページ | 田舎の生活その1 »