« ミドルコースについて | トップページ | しびれるような香りいっぱいの »

2008.11.17

母校に錦を飾りたく

 最近走ってないっていう人は大抵いつも走ってないんだ、間違いない。そう言ってしまってる自分に気づいたら、気をつけろ。そんなあいさつ。

 16日に母校の大会が開催された。8年前、大学の同期たちと主体となって運営した場所での開催。3年前も同じ場所で開催され、母校の大会で優勝する大チャンスと意気込み走ったが2位。時は経ち、すっかりジョガーになってしまったなまくら脚じゃ勝てないよ、と今回は結果へのモチベーションは低かった。楽しみなのは同期や先輩後輩たちに囲まれての昔を思い出す楽しい会話。そして会員が少ない中で大会を開催している後輩たちへの応援。
 しかしながら大会が近づくにつれ、やはり頑張ろうと思いはじめ、1週間前になって皇居走りこみ、前日は久しぶりの森オリエンテーリング(大会の試走)でばっちり調整し、前夜には過去マップを読み返す。準備して臨むことの楽しみが久しぶりに少し湧き上がってきて、興奮気味で寝付けない。

20081117_koi そして結果、優勝と決まってやはり嬉しかった。8年でいろいろ変った。地図も変った。森も少し変った。何度も通ったつくばまでの帰り道も随分変った。周りにいる仲間も少し変った。運営者も参加者も減ってしまった。でもオリエンテーリングが好きな気持ちに変りはない。森の匂いも変らない。久しぶりにあった面々たちが、くだらない会話をしているのも変らない。そして思い出はいつまでもなくならない。過去に戻れるということはなんと甘い幸せ。

 インカレを終え、大学ランナーを卒業するとき、筑波大大会で優勝、日本代表になる、全日本で優勝、という目標を掲げていた。2つ目の目標達成まで6年半も費やしてしまった。あと1つ。

20081115_lake

|

« ミドルコースについて | トップページ | しびれるような香りいっぱいの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミドルコースについて | トップページ | しびれるような香りいっぱいの »