« 北海道の写真から | トップページ | NT合宿 in 蓮沼 »

2007.06.25

オリエンテーリング研修

20070625_jr 先週、福島県は白河市にある某鉄道会社総合研修センターでオリエンテーリング研修を実施させていただいた。企業向け研修ということで、野外活動だけではなくチームワークやコミュニケーションを意識した研修を、ということでご多忙な村越さんにカリキュラムを開発してもらった。講師も村越さん、アシスタントに松澤さんと私。詳しい研修内容は村越さんの記事に譲るとして、私のほうではこれまでの経緯と今後の展望について述べてみたい。

 ことの始まりは現在の職場に就職した際に、会社の先輩に連れられてご挨拶に伺ったことからだった。私の紹介には、「彼はオリエンテーリングの代表選手なんです」という紹介が付いてきた。いや、当時はそのくらいしか紹介することがなかったのだけれど。。。 多くの企業さんでは「オリエンテーリングって何ですか?」「すごいですね~」という話で終わるのだが、白河では「昔、うちの研修でもやってたよ、またできないかな」というお話をいただいた。学校教育などでは取り入れられているので企業研修も可能ですよ、という話をした。

 こんな話があると村越さんに相談したのは去年の夏、デンマークでのことだった。その後しばらく話は止まっていたが、3月に沖縄でのイベントに先方の方にもご出席頂き、あけもどろ大会でオリエンテーリングにも挑戦してもらい、「面白い!」ということになったら、あれよあれよと現実の話となった。

 まずは若手社員向けの研修に取り入れようということで、その研修で実際に講師を務める講師陣向けに事前研修を実施した。7月にはその本番の研修が始まり、初回は松澤さんと私も講師で入る。好評であれば、管理職向け研修や新入社員研修にも取り入れたいというお話もいただいており、現実となれば、あなたの街の駅員さんもオリエンテーリング経験者となるかもしれない。

 オリエンテーリングの名前が広く知られることは、現在のオリエンテーリング界には重要なことである。少子高齢化の影響かどうかわからないけど、社会構造の変化の影響も受けつつ、オリエンテーリングの世界はどんどん狭くなっている。オリエンティア向けにイベントや強化を行っても、その意義すら見出せない事態にあるといっていい。研修で一回オリエンテーリングをやったからといって、愛好家の増加には直接には繋がらないかもしれないが、オリエンテーリングの話題で話がつなげられるということは重要だ。

 オリエンテーリングが体力や地図を使うだけのスポーツではなく、人間を磨くことができる素晴らしいスポーツであることを知ってもらうことで、私たちの持っている知を輸出する機会が発生する。オリエンテーリングの効能は、愛好家である私たちが一番良く知っているわけで、そしてその知を日本で一番蓄積しているのは私たちなのだから、その資源をどんどん他の世界に輸出すれば、人・財を得ることができる。人という意味では上述の通りだし、財という意味では、今回村越さんたちにはボランティアに近い形でお願いしているがそれでも多少の謝礼はお支払いできるし、コンパスなどの物販でオリエンテーリング界に収入を作ることもできた。そのためも、やはりオリエンテーリングのいろんな側面を社会に訴えていく動きが求められる。

 オリエンテーリングにハマった人ほど、輸出する資源を持っているのだから、みんなで知恵を絞ればナントカなるんじゃないだろうか。最後はうやむやな感じで終わり。でも、私たちはもっとオリエンテーリングを誇りにしていいはずだ。

|

« 北海道の写真から | トップページ | NT合宿 in 蓮沼 »