« 東京ジョグ | トップページ | 高齢者疑似体験 »

2005.09.22

TOP OF THE YAITA

20050922_1
 愛知万博での仕事の代休を使って、矢板テレインの北に聳(そび)え立つ高原山(標高1794m)に登ってきました。

 イタリアのワールドカップが標高1500m以上の高い場所で開催されることから、高地に少しでも慣れておくため、それと気分をリフレッシュするために山に登ることにしました。目指すはTop of the Yaita!!

 朝から天気は最悪でしたけどね。。。

 レンタカーで矢板まで行き、おなじみの矢板テレインの北にある県民の森(標高500m)から登りはじめました。県民の森には1:10000の登山マップがあり、遊歩道が整備されていて、単調な登りではなく起伏のあるコースを走ることができ、飽きることなく、なかなか快適な滑り出しでした。最初の峰であるサンモチ山(標高1248m)に出るまでは、そんな感じで地図読みしながら走れます。

 サンモチ山からは稜線を辿って、高原山山頂を目指します。稜線は標高1500m付近でアップダウンを繰り返す緩い斜面で、とても走りやすく、きっと天気がいいと見晴らしもいいだろうからマラニックには最適そうです。
20050922_2

 高原山までの中間に剣ヶ峰(標高1540m)があります。とつぜん現れるガレ場と吹き荒れる風に神秘的な雰囲気を感じました。
20050922_3

 そこから高原山までもゆるゆるとアップダウンを繰り返せば高原山山頂の釈迦ヶ岳はすぐそこです。結局、天気は回復しないままで、山頂に登っても雲しか見えませんでしたけど、登頂したぜという気分は最高です。
20050922_4

下りはとても快適。急な下りも少ないので、膝への負担も軽いですしね。往復で4時間くらいという時間もお手ごろです。隣の日光や那須に比べて人気もないので、混み合うこともないですし(雨の平日とはいえ誰とも会わなかった)。帰りはやはりオリエンティアにおなじみの城の湯で温泉につかって疲れもを癒せます。

 そんなわけで、高原山、トレーニングにお勧めです。天気がいいときにまた来たいなぁ。

 ちなみに本当のTop of the Yaitaは何もない斜面の途中にぽつんとありました。
20050922_5

|

« 東京ジョグ | トップページ | 高齢者疑似体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49939/6037759

この記事へのトラックバック一覧です: TOP OF THE YAITA:

« 東京ジョグ | トップページ | 高齢者疑似体験 »